肝炎の主な種類

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

診察いわゆる『感染症』『ウイルス』と聞くと、身震いをしてしまう方は少なくないでしょう。なぜならそれらに感染することによる私達の被害は、まだまだ知られていない部分が非常に大きいからです。それに、感染した対象によっても、どのような症状が発症するかが、異なっています。大人と子どもでは、同じウイルスに感染しても、発生する症状が異なっていることが多くあります。では、B型肝炎ウイルスに関してはどうなのでしょうか。

基本的に、B型肝炎はウイルス性肝炎の一つであり、『A型』や『C型』などの種類を頭に付けたものです。特徴として、『B型肝炎』は感染力が高く、症状が長く響くことが多い、これが特徴となっています。それに対して『C型肝炎』は感染力が低いですが、こちらはどちらかというと重大な病気、肝硬変や、肝がんなどに繋がりやすい肝炎となっています。簡単に言うとこのような違いが、○型のちがいとして挙げられます。

症状もそれぞれ異なり、『急性肝炎』『慢性肝炎』、そしてそれらが『劇症肝炎』に発展することもあります。特に『劇症肝炎』になった場合、生存率が著しく低下します。完成脳症を発症した場合、パニック障害等、様々な症状が起こり得ます。