Author Archives: admin

有効な治療法とは

注射特定の病気には、特定の治療法があります。もちろん確立されていない治療法もありますが、本来はどのような病気も、治療行為によって治療することができます。B型肝炎には、いくつかの有効な治療法が認められています。まず、有名な『インターフェロン治療』があります。これは、直接皮下注射を行うことによって、タンパク質で肝炎ウイルスを抑制するといった働きをする治療法です。ただし、これが行えない患者には、『インターフェロンフリー治療』という選択肢もあります。治療行為にはやはりお金が掛かりますが、国はB型肝炎の治療に関して、ある程度の援助を行います。基本的に、治療には助成額として一人月々1万円、高収入者の場合は治療費が2万円以上で助成が適用されます。

現在、昔に発生していたような、注射器の共用などによるB型肝炎への感染などはほぼなくなりましたが、それでも母子感染、入れ墨、性行為、輸血などによる感染の可能性があります。感染確率がきわめて低いものもありますが、注意しておくことに無駄はありません。保健所などでは、B型肝炎への感染が無いか、無料で検査していることがありますので、積極的に利用することによって、自分のため、また他の人のためにもなります。

また、上記で触れた注射器の共用などによるB型肝炎の場合は、国から給付金を受け取れるようになっています。B型肝炎に感染していると分かった場合は、給付金対象かどうか調べておくことも忘れないようにしましょう。そして、給付金をもらう場合は、国に対してB型肝炎訴訟をする必要があります。この場合、一人では難しい所もあるので、弁護士に相談するようにしましょう。

患者を受け入れる体制

病院冒頭で述べた、『自分では治療できない感染症』に、このB型肝炎は当てはまると言えます。自然治癒が基本的には行えないので、きちんとした治療を行う必要があります。B型肝炎の治療は、全国に点在する『肝疾患診療連携拠点病院』によって受けることができます。これらの病院は、インターネット上で検索することで、どこに存在するのか、という点が分かります。

だいたい、一つのエリアに指で数えるくらいの病院数があると思ってよいでしょう。逆に言えば、それだけしかない、とも言えます。治療を必要とする人をすぐに治療することができるように、体制が整えられているべきです。医療機関では、医療機関同士が連携を図って、すぐに治療を必要とする人が治療を受けられるようなネットワークが構築されています。それによって、もっとも重要なことである、『早期発見』、そして『早期治療』が基本的には可能となっています。またそれは、肝炎が感染症であるからにして、感染拡大を防ぐメリットもあります。もちろん、効果の期待できる新薬が開発され、承認されればいうこともありません。しかし現実的には、もし開発されたとしても、非常に時間が掛かります。ですからそういった連携が、必要不可欠なのです。

肝炎の主な種類

診察いわゆる『感染症』『ウイルス』と聞くと、身震いをしてしまう方は少なくないでしょう。なぜならそれらに感染することによる私達の被害は、まだまだ知られていない部分が非常に大きいからです。それに、感染した対象によっても、どのような症状が発症するかが、異なっています。大人と子どもでは、同じウイルスに感染しても、発生する症状が異なっていることが多くあります。では、B型肝炎ウイルスに関してはどうなのでしょうか。

基本的に、B型肝炎はウイルス性肝炎の一つであり、『A型』や『C型』などの種類を頭に付けたものです。特徴として、『B型肝炎』は感染力が高く、症状が長く響くことが多い、これが特徴となっています。それに対して『C型肝炎』は感染力が低いですが、こちらはどちらかというと重大な病気、肝硬変や、肝がんなどに繋がりやすい肝炎となっています。簡単に言うとこのような違いが、○型のちがいとして挙げられます。

症状もそれぞれ異なり、『急性肝炎』『慢性肝炎』、そしてそれらが『劇症肝炎』に発展することもあります。特に『劇症肝炎』になった場合、生存率が著しく低下します。完成脳症を発症した場合、パニック障害等、様々な症状が起こり得ます。

B型肝炎は、「感染症」

病院世の中に存在する「病気」の中には、自然に治癒するものと、特定の治療を受けなければ治療が行えないものがあります。本来そういった病気に掛かってしまった場合、病院で検査を受け、必要な治療を施される必要があります。もしそれを放置してしまうと、さらに大きな病気に発展したり、最悪の場合命を失うことにもなります。どのような病気に関しても、『早期発見』が大切であると言われ、発見するだけではなく早期に『治療』を行うことへの大切さは、様々なメディアを通しても、伝えられてきました。それは私達にとって、ある意味で当然のことと言えるかもしれません。そのくらい私達は、そういったことに関して敏感であるべき、と言えます。

さて、いわゆる『治療が難しい』病気というのは、特に早期発見、そして早期治療が大切であると言えますが、そのような病気にはどのようなものがあるのでしょうか。いわゆる感染症がその筆頭であると言えますが、その一つに『B型肝炎』があります。他の感染症と異なっている点は、風邪やインフルエンザのように、感染者が多くない、ということです。ただし感染した場合、かなり重い症状になることもあり、最悪の場合死に至ります。B型肝炎など、いわゆる『肝炎』を引き起こすのは、『肝炎ウイルス』と呼ばれるものです。それに感染することによって、全身に様々な症状を引き起こすことがあります。そういった場合には、やはり私達は特定の治療を受けなければなりません。